トラウマは突然に。

耕耘機を棚田に下ろそうとしていて、
慣れた作業だったし、ちゃんと真面目にやってたつもり。

突然、耕耘機のギアが抜けてしまって、
「ヤバイ!」って、
機械を避けたら棚田から落っこちちゃって。

今まで機械の扱いに何か自信あって、
みんなに「機械使って凄いね-」なんて言われて。

自信ゼロになってしまったな、恐いの、機械動かすのが。
同じ道、機械下ろすのが恐くって。完璧なトラウマ。
今までこんな感覚無かったんだけどな。
恐いよ。

「そこまでして女の私が機械扱わんばんとやろか」って。
別に片意地張ってる訳じゃない。
ただ流れに任せてきたらいつの間にかこうなってただけ。

ホントは「出来ない〜」って言いたいのかな?
出来るからやっていただけなのかな。

バリバリに耕耘機使ってる自分に自信があったはず。
チェンソー使ってる自分に自信あったはずなのに。

なんでこんな事思うのかな。
恐くなっちゃったからかな。
f0227317_21212445.jpg

[PR]
# by zyosyu-M | 2015-05-29 21:29 | 思うこと

春はどちらかと言えば嫌い。

春はどちらかと言えば嫌い。
植物が芽吹いて、生物も目覚め、人間は浮き足だって、
そんな世の中に疎外感を感じる瞬間があったり。

f0227317_20102613.jpg

「オオデマリ」
キレイだなぁ。
クチナシも好き。
だけどコレも良いな。

今の時期なんだ「オオデマリ」。

「正直、今生きてるのも別になんちゃないとも思っちゃうしね」
と御手洗さん。

そう考えれば、気が楽にならんかな。
「また明日考えよう」って思えばどうにかならんかな。

自分を保つ術を探しまくって、
そして人生を楽にもっと気軽に生きていけたら。

私も土の上で、山の中で、死にたいな。
「今生きてるのも別になんちゃないとも思っちゃうしね」

春はあんまり好きじゃない。

でも、「オオデマリ」は咲いているし。
農作業は待っているし、山羊が待っているし。

この感覚が私をこの世に繋ぎ止めているんだな、きっと。
[PR]
# by zyosyu-M | 2015-04-23 20:39 | プライベート

生きる糧になる

本日は、月二回の「ふるさとレストラン」の日。
私はピンチヒッターで出番。

「村田さん漬物漬けてたよね?持ってこれる?」
と聞かれ、
「自信がないですが、それでも良ければ…」
と、渋々持って行く。

元々料理に自信は無い。
親に褒められた思い出も殆ど無い。

そんな私のぬか漬けですが…。
「この漬物、ホント昔の素朴な味だわ。きっと、余計な物が入っていないのね。
私わかるの。この漬物、欲しいわ。売って頂けないの?」
とお客さん。

ビックリしすぎて
「う、売れません。もうありません。」
慌てふためき、そそくさと逃げて来てしまった。

わーーー!すげーー!
誰かに、こんな言ってもらえるって。

わー!すげー!
胸が熱くなる。

ありがとう。ありがとう。
あぁ、、
f0227317_1524276.jpg

[PR]
# by zyosyu-M | 2015-03-26 01:57 | 愛林館

母ちゃん

棚田食育士講座が終了した。

参加者Kさん(50代後半)が幼少時代の事を語っていた。

「母ちゃんが遠足の時に麦飯のおむすびをバランに包んで持たせてくれた。
当たり前と思って持って行ったが、友達から麦飯をバカにされた。
自分の家が貧乏と思ってなかったし、悔しかった。
次の遠足の時、白いご飯を母ちゃん達とは別に炊いて持たせてくれた。
あのおにぎりの味は忘れんなぁ。」

風邪で寝ている時、母ちゃんが仕事の合間に桃の缶詰を買って来てくれたこと。

父ちゃんとケンカして飯抜きされた夜に母ちゃんが持って来てくれたお粥が美味しかったこと。


Kさんの話聞いて「こんな母ちゃんになりたいな。」って思った。
f0227317_2132310.jpg


最高に素敵な母ちゃんだ。
子供は、その母ちゃんの思い出だけで絶対自殺はしない。
[PR]
# by zyosyu-M | 2015-03-15 21:08 | 愛林館

再来した漬物ブーム

久木野に越して来て、
最初にやりたかった事は自家畑だった。

1年目はひたすら沢山蒔いたり植えたり。
が、ことごとく不作に終わり、
それも最初から規模を広げすぎて晩夏には手に負えなくなった。
何をやってもうまくいかなかった。
「ビギナーズラックがあってもいいじゃないかー」

漬物だって、
高菜を漬けては腐らせ、大根を干してはカビさせ、散々。

「もう絶対漬け物なんかやんねーよ」

それから漬物に関しては暫く無関心に時が過ぎて。
めぐりめぐって一回転してまた来た感じ、
それも、再来したブームって最初よりも深く入ってくるような。

自分もやってると、
毎年久木野の人達がやってる同じ営みでも、
入ってくる感度が違うんよね。

大根の種を蒔く時期を逃してはならない。
塩分濃度、干し方、重しのきかせ具合と日数、
皆それぞれ工夫しているし、親から教え込まれた味を引き継いでる。



f0227317_20271433.jpg

初めて漬けたぬか漬け。
「苦くなっちゃた」

久木野に来て6年。
毎年当たり前に久木野ん衆がやっている営みだったんだろうけどな。
なんで気付けなかったんだろう。
私はやっと大根の漬物を仕込むという営みを自分事にできそうなのである。
[PR]
# by zyosyu-M | 2015-03-11 20:45 | プライベート